古代史を中心にした漂流記録&覚えておきたい記事、書籍、ニュースなどの備忘録として、あるいは自分の考えの足跡、生活の記録をしています。


by jumgon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

官房機密費マスコミ汚染問題、世論誘導?

洗脳といえば、私たちは北朝鮮の人々のこと、北朝鮮の政治体制によって洗脳されてる、って思ってますよね!勿論わたしもそう思ってるけど、「洗脳」って何だろう?
どんな人間でも生まれてきてからの家庭環境、教育環境、社会環境、によってその人の人格や考え方が形成される。今の世の中、新聞テレビなどのマスコミの力が大きく「自分の考え」だってそれらから影響を受けている。
第一、見たこともない社会のこと、生まれていなかった過去のこと、会ったこともない政治家について私たちは真実を知ることは出来ない。そう思うと、「官房機密費マスコミ汚染問題」はもっともっと大きく取り上げられてしかるべき問題であるはずなのに朝日新聞や日経新聞(わたしが読んでる新聞)でも全く触れられていない。
週刊誌の広告や書物の広告でそんなことがあったと知って、マスコミの世論操作の恐ろしさを感じた。最近では鳩山内閣退陣論を世論の大勢のごとく煽り立て(これは、麻生総理の時でもそうだったが、、、、)責任を一人に押し付けているが、一体日本をどういう方向へもって行こうとしているのか記事を書いている本人は確かなビジョンがあるのだろうか?わたしにはそれが感じられない。ともかく政治家の失点を大きく拡大放送するのが仕事みたいである。
これも一種の洗脳ではないか?ただ日本には言論の自由があり、対立意見も知ることが出来るから北朝鮮みたいに「洗脳」と言う言葉を使うべきでないのだろうか?

ところで今年は5月の終わり頃まで寒い日がちょくちょくあった。、以前なら少し暑い日が続くとじきに「地球温暖化」を論じていたマスコミはこれに関して何の意見も言ってないようである。(わたしが知らないだけかしら?)
[PR]
by jumgon | 2010-06-02 20:33 | ★思索つれづれ