古代史を中心にした漂流記録&覚えておきたい記事、書籍、ニュースなどの備忘録として、あるいは自分の考えの足跡、生活の記録をしています。


by jumgon
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ: ★新沢千塚古墳群と千塚資料館( 2 )

新沢千塚古墳群と千塚資料館
http://www.nantokanko.jp/mytown2008125.htmlより
概略を確認しておこう。


〒634-0826  【橿原市千塚資料館】橿原市川西町858-1
問い合わせ先      TEL 橿原市千塚資料館 0744-27-9681
休      日      【新沢千塚古墳群】 無休
【橿原市千塚資料館】月曜日(祝日の場合は翌日)
料      金    【 新沢千塚古墳群】無料
              【橿原市千塚資料館】大人100円、中学生~大学生70円、小学生50円
見      学     【新沢千塚古墳群】自由
【橿原市千塚資料館】  9:00~17:00(入館は16:30まで)
交通(マイカー)南阪奈道路葛城ICから国道165号経由、約6km、約12分
交通(公共交通機関)近鉄橿原神宮前駅から近鉄御所駅行きバスで約12分、川西下車すぐ
駐  車  場      【新沢千塚古墳群】無し
【橿原市千塚資料館】  有り/無料

発掘調査は、1947年(昭和22年)以来、1962年(昭和37年)からの本格的な調査までに数度実施されている。この地域は昭和30年代に農林省の計画が実施されることの事前調査として、1962年(昭和37年)から5カ年計画で実施された。
その結果、古墳時代の新たな研究課題が提起され、保存へと繋がった。その後史跡にも指定され、市や県の計画の事前調査が実施された。1962年(昭和37年)の調査で、粘土槨を内部主体とする前方後円墳である500号を含む23基の古墳が発掘された。500号墳から古墳時代前期に類する副葬品が検出され、その中に懸垂鏡といわれる珍しい銅鏡が含まれていた。
1960年代に同志社大学などにより調査が行われ、約130基が調査された。武具、馬具をはじめとして副葬品は豊富に出土したが、5世紀後半の126号墳からは、大量の装飾品とともに、日本史上初の火熨斗(ひのし)、の出土や、中国を経由せず西域から新羅経由でもたらされたと見られる希少なローマンガラス製品の出土があり、古代日本の交易範囲の広さを立証する遺跡として報道され、当時全国的に大きな話題となった。

126号墳の出土品は東京国立博物館に所蔵されており、一括して国の重要文化財に指定されている。
資料館にはそれらの出土品のレプリカが展示されています。

さて、そろそろ千塚資料館のなかを見てみましょう。

目をひく物はたくさんあります。
【126号墳の出土品】
◆金製歩揺
とてもきれいなスパンコール
f0215268_15294155.jpg

◆金製方形冠飾・垂飾つき耳飾り
f0215268_1534026.jpg

◆金製螺旋状髪飾り
f0215268_15374726.jpg

◆金堂製帯金具
f0215268_15382399.jpg

◆銀製指輪
f0215268_15385892.jpg

◆金製指輪の写真(横から・上から)
f0215268_15393175.jpg

◆棺に納められた様子をあらわしたイラスト
f0215268_15395781.jpg

◎多分女性だったのでは、、、。でも古代人は男性でもアクセサリーをつけてますけど~
◆火熨斗(ひのし)とガラス皿・ガラス碗
f0215268_1540295.jpg

◎火熨斗は柏原市「高井田横穴群」からも1点出土しています。今のところ日本では2点しか出土していません。この被葬者はかなりの身分の人だったのでしょうね!
◆ガラス製品が運ばれたルートの地図
f0215268_15414373.jpg

◆鉄刀
f0215268_15423547.jpg

◆出土した位置どおりに並べられた様子
この写真は
http://inoues.net/ruins/niizawasenduka_museum.htmlよりお借りしてきました
f0215268_15434353.jpg


【115号墳】
◆115号墳説明板
f0215268_15461171.jpg


直径18mほどの円墳で、築造された時は周りに円筒埴輪が巡らせてあった。その中央に箱形の木棺が直接埋葬されていて、発掘調査で衝角付冑(しょうかくつきかぶと)と三角板鋲留短甲(さんかくいたびょうどめたんこう)が一式見つかった。さらに五鈴鏡や二神三獣鏡、鉄鏃(てつぞく)なども出土したという。おそらく武人的性格の族長を埋葬した墓であろう。

◆115号墳から出土した衝角付冑、三角板鋲留短甲、頸甲、肩甲
f0215268_15484298.jpg

三角板鋲留短甲、頸甲、肩甲(*1)
◆115号墳から出土した五鈴鏡と二神三獣鏡
f0215268_15495647.jpg


【南山4号墳出土鉄製品】
f0215268_15525092.jpg

◎雁股鏃 とは
雁 かり 股 また 鏃 ぞく :鉄でできていて、先端が二股に分かれているやじり です 。
◎ここからも鉄ていが出土している!!

【156号墳を再現した展示】
f0215268_1553363.jpg


まだまだ橿原市出土のお宝はいっぱいあるけれど今日は新沢千塚に絞ってアップしました。
それにしてもスゴイきらびやかな出土品ですね!!
[PR]
by jumgon | 2011-05-07 15:55 | ★新沢千塚古墳群と千塚資料館

新沢千塚古墳 1

以前から気になっていた新沢千塚を訪れた。

群集墳で貴重な出土品があるらしい。

今までいった群集墳といえば、高井田横穴群(大阪府柏原市)、近つ飛鳥資料館のある、「一須賀古墳群」も群集墳である。
ここはどんなところだろう。時代は?出土品は?

古墳群の近くに橿原市千塚資料館があって、車をとめられる。
そこから案内地図に従ってあるいていく。

この道でいいのだろうか?
f0215268_11122387.jpg

         
新緑の道
f0215268_1114495.jpg


やがて人を誘うようなかいだんが~
f0215268_11143561.jpg


階段を登りなさいといってるみたい。
f0215268_11152999.jpg


ここはかなり広い。
あっ、古墳らしい丸い丘
f0215268_11171972.jpg


新緑が美しい!!
f0215268_11162077.jpg


新緑の気持ちのいい散歩道
f0215268_11175425.jpg

こんなのがいくつもある!!

346基もあるそうだ。

やがて畝傍山が見える場所にでた
f0215268_11192745.jpg

この古墳群で最もよく知られるのが126号墳だ。
f0215268_1314678.jpg

5世紀後半に造られた東西約22m、南北約16m、高さ約1.5mの長方形墳で、赤色顔料も残る割竹形木棺(わりたけがたもっかん)が発掘された。
木棺の外部からは、鉄刀、四神が描かれた漆盤(しつばん)などが、内部からはガラス製の碗、垂飾つき耳飾り、腕輪などが出土、そのいくつかは国の重要文化財にもなっている。
特にガラス碗は、ササン朝ペルシャのものと考えられており、シルクロードのつながりを感じさせるもの。このことから新沢千塚古墳群は“地下の正倉院”とも呼ばれている。

ここの古墳は全部埋め戻され開口部は無い。
みんな低いなだらかな丘になっている。

115号墳の解説板
f0215268_1122407.jpg

◎ふーん、こんな珍しい五鈴鏡が出土したのか、、、

千塚古墳群は発掘調査は終えこの古墳の出土品は千塚資料館で展示されている。

◆新沢千塚古墳群は
4世紀末から7世紀にかけて造営され、特に5世紀半ばから6世紀末まで盛んに墳墓が作られた。かつては川西(かわにし)千塚、または鳥屋(とりや)千塚と呼ばれていた。この古墳群の氏族ないし埋葬者は特定されておらず、大伴氏、漢氏(あやし)、蘇我氏など諸説ある。

[PR]
by jumgon | 2011-05-06 21:26 | ★新沢千塚古墳群と千塚資料館