古代史を中心にした漂流記録&覚えておきたい記事、書籍、ニュースなどの備忘録として、あるいは自分の考えの足跡、生活の記録をしています。


by jumgon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

多田富雄氏のこと

今日5月30日日曜日、1時35分から偶然「NHKアーカイブス」という番組を見た。今までに放送された番組で評価が高かった番組を再放送している。
今日は、免疫学者の多田富雄氏を取材した番組で、偶然見ることが出来て感動した。氏は一流の免疫学者であり、能に魅せられ鼓を演じたり、創作能の作者でもある。その氏が何と言うこと!!か脳梗塞で倒れられたのだ。肉体的精神的苦痛の中で戦いつつ、NHKからの取材依頼に対して「闘病生活を遠慮なく取材してください。隠さずさらけ出しますから。」とメールされたのを見た時、その強靭な精神に打たれた。学者として自分の体の変化を観察する冷静な心と地獄よりも苦しい現実を味わった人にしか語れない透明な言葉。世の中には私の知らないところで本当に偉大な人が生きていらっしゃったのを知って、私も勇気を与えられた。(氏はすでに逝去されています。)

そういえば、以前も又偶然だが、永平寺の修行僧を取材したのを見てよい番組だな~と思った記憶がある。
これから、日曜日の13時35分は要チェック!~、、、、、
[PR]
by jumgon | 2010-05-30 19:18 | ★読書・放送・講演会
うつ病,強迫性障害,PTSD……見えてきた脳の原因回路
T. R. インセル(米国立精神衛生研究所)

 うつ病などの精神病患者は,悪霊にとりつかれている,危険人物だ,意志が弱い,親の育て方が悪かったなど,時代ごとにいろいろな汚名を着せられてきた。精神疾患は脳に明確な損傷が見られないため,純粋に「精神的なもの」と考えられてきたためだ。そしてその治療法といえば,心理面からのアプローチのみだった。
 しかし,脳画像などによる研究が進み,精神疾患は心ではなく,「脳神経回路」の病であることが明らかになってきた。例えば,うつ病では前頭前皮質の「領野25」と呼ばれる領域の活動が過剰になっていることが脳画像から見てとれる。また,治療後に症状の改善が見られた場合には,この領域の活動は低下するという。
 領野25は恐怖や記憶,自尊心をつかさどる他の脳中枢の活動レベルを感知・調整している。したがって,領野25が機能不全に陥ると,こうした脳中枢の活動が調整されなくなってしまう。うつ病は領野25における異常な活動が関係する回路障害なのだ。 精神医学は,精神的現象に基づく学問分野から,神経科学へと移行しつつある。精神疾患が科学的に解明されることで,精神疾患の早期診断やより根本的な治療への道が拓かれ,精神疾患に一般の人々が抱くイメージが変わり,数百万人に上るといわれる世界中の患者が真に苦痛から解放されるときが来るだろう。
[PR]
by jumgon | 2010-05-26 19:27 | ★科学記事

生物と無生物の間

この本読み始めたら、一度読みかけたことがあることに気づいた。最初のほうは読みやすかったんだけど、次第に超専門的な分子生物学の話で興味はあるけど、自分の知識頭脳レベルを超えていたためか、読んでもただ文字を眺めてただけ~という具合だった。今度はきちんと頭がはっきりしてる時に吸収するぞ!と決心して読み始めている。
[PR]
by jumgon | 2010-05-21 15:33 | ★読書・放送・講演会
昨日、母の葬儀以来5年ぶりで兄弟姉妹とその子供たちと会った。我々はもう人生引退みたいな年齢、子供は社会にでて4年ぐらいでこれから働き盛りに入ろうという若さだが、厳しい時代を生きるだけあって、我々の若い時代ほどノホホンとしていない。
近鉄南大阪線、針中野の2階改札を出たところにある、[串カツやはごろも] で食事しながら、わいわい話が弾んだ。
[串カツやはごろも] は小さな店でカウンターに6,7人座れ、奥に8~10人座れる畳敷きの小部屋があり、女性客のグループでも楽しく喋れるお店だ。値段も安く、リーズナブル、夕方5時から営業している。 店長も女性店員さんもとても感じがよいお店だった。
串かつはごろも電話番号案内
■住所 : 大阪府大阪市 東住吉区駒川5丁目 24−8
■TEL: 06-6605-1070

大人になってからの様々のいきさつやいき違いの話題は出ず、幼い頃の思い出に話だけで
楽しい時間が過ごせた。
[PR]
by jumgon | 2010-05-16 09:33 | ★日常

最近気になる科学記事

朝日新聞より 
パーソナルゲノム時代がやってきた
                大阪科学医療グループ・瀬川茂子
                 東京科学医療グループ・杉本崇
◇病気の解明に期待

個人のゲノム(全遺伝情報)を丸ごと解読する「パーソナルゲノム」時代がやってきた。ゲノムを読み取る技術の急速な進歩が背景にある。国内外で、がんなど様々な病気の原因解明につなげようという研究が始まった。



                  東京科学医療グループ・米山正寛

生物が持つDNAのごく一部を、商品に付いているバーコードのように使い、その種名を簡単に調べられるようにするシステムづくりが進んでいる。こうした「DNAバーコーディング」で、こ
れまで難しかった種名の特定もできるようになり、新しい研究の広まりも生まれてきた。


現代人にネアンデルタール人のDNA、混血の可能性=研究
5月7日13時23分配信 ロイター
 [ワシントン 6日 ロイター]
 約3万年前まで欧州やアジアの一部に生息したネアンデルタール人が現生人類と混血していたという研究結果を、ドイツのマックス・プランク進化人類学研究所などのチームが発表した。7日付の米科学誌サイエンスに掲載される。
 研究チームは、クロアチアなどで見つかったネアンデルタール人の骨からゲノム(全遺伝情報)を解読し、欧州、アジア、パプアニューギニア、アフリカの現生人類5人と比較。その結果、アフリカ出身者以外のゲノム配列の1─4%が、ネアンデルタール人に似ていることが分かったという。
 マックス・プランク進化人類学研究所のスバンテ・ペーボ氏は、研究結果から「アフリカ以外の人たちは、ネアンデルタール人のDNAをわずかに保有していることになる」と話している。

現生人類とわずかに混血か=絶滅のネアンデルタール人-国際チームがゲノム解読
5月7日3時2分配信 時事通信
 欧州やアジア西部に約3万年前まで生息したネアンデルタール人の全遺伝情報(ゲノム)を解読したと、ドイツ・マックスプランク研究所などの国際チームが7日付の米科学誌サイエンスに発表した。同じホモ(ヒト)属で種が異なる現生人類のゲノムと比較すると、1~4%の領域がネアンデルタール人に由来するとみられ、8万~5万年前に中東で混血が起きた可能性があるという。
 認知能力や代謝、頭や胸の骨の発達などに関連する遺伝子に違いがあるかもしれないことも分かった。解読成果は、なぜネアンデルタール人が絶滅し、現生人類が生き残ったかを解明するのに役立つと期待される。
 研究チームは、クロアチアの洞穴で発見された約4万4000~3万8000年前の3人のネアンデルタール人女性の骨粉から、DNAを抽出し、塩基配列を解読。アフリカ南部と西部、フランス、中国、パプアニューギニアの現生人類計5人のDNAと比較した。 



新種の人類:4万年前、露南部で生活 骨片のDNAで判明
人類の進化
 約4万年前にロシア南部で未知の人類が暮らしていた可能性の高いことが、独マックスプランク研究所などの分析で分かった。発見された地名からデニソワ人と命名された。約104万年前に現生人類やネアンデルタール人と共通の祖先から枝分かれし、独自に進化したらしい。25日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。
 研究チームは、ロシア南部のアルタイ山脈にあるデニソワ洞穴で見つかった指の骨片を分析した。細胞内の小器官「ミトコンドリア」からDNAを取り出し、塩基配列を特定、現生人類やネアンデルタール人、チンパンジーなどと比較した。
 その結果、骨片は約104万年前に現生人類やネアンデルタール人と共通の祖先から枝分かれした新しい人類のものと結論づけた。また、骨片が出土した地層の年代が4万8000~3万年前だったことから、4万年前まで存在していたことも判明した。
 人類の起源はアフリカと考えられている。約190万年前、猿人から進化した原人がアジアへ移動。原人は、約47万年前にネアンデルタール人の祖先と現生人類の祖先にそれぞれ進化したとされている。チームは「未知の人類はユーラシア大陸で、他の人類の祖先と近接して共存していたようだ」としている。【元村有希子】
•人類のふるさとアフリカ
毎日新聞 2010年3月25日 20時53分(最終更新 3月25日 23

恐竜の絶滅は小惑星の衝突が原因=国際科学者チームが結論【ワシントン4日AFP=時事】恐竜が絶滅した原因をめぐっては小惑星の地球への衝突説と大規模な火山活動の結果とする説があるが、国際的な科学者会議がこのほど、約6500年前の小惑星の衝突が原因だと結論付けた。5日付の米科学誌サイエンスに掲載される。(写真は、恐竜の模型を見る少年)
 世界各国の41人の科学者からなるチームはこれまでのさまざまな研究論文などを検討した結果、恐竜が絶滅したのは白亜紀末に当たる約6500万年前に、直径約15キロメートルの小惑星が現在のメキシコ・ユカタン半島のチチュルブに激突した結果だとの結論を出した。
 この小惑星は広島に投下された原爆の10億倍のエネルギーで衝突し、地球全体に寒冷期をもたらし、多くの生物が消滅した。 一部の科学者は、現在のインド付近で150万年にわたって続いた一連の火山の爆発が原因で恐竜は絶滅したとの説を唱えていたが、科学者チームは今回の検証によって、論争にはっきりと片が付いたとしている。
 チームは、恐竜が絶滅した際には海洋や陸上のエコシステムが極めて急激に破壊されており、火山の爆発ではこの変化は説明できないとしている。一方、小惑星の衝突では一気に大規模な火災が起き、マグニチュード10を上回る地震が発生して巨大な津波が起きたと推定される。また、塵灰などが極めて早い速度で大気中に舞い上がり、太陽の光を遮って地球を急速に暗い冬の状態にしてしまったとみられる。 〔AFP=時事〕(2010/03/05-15:53)
[PR]
by jumgon | 2010-05-07 15:15 | ★科学記事